天体観測日記

ベランダから電視観望で星空を眺めるようになったばかりのサラリーマンのブログです。 自分の体験談、失敗談を備忘録として記録していきます。基本的に画質は悪いです🙈

春の銀河など(北東ー東側)のために庭に遠征!!

久しぶりに尾張旭市で開催されている天体観測会に子どもと一緒にお邪魔しようと思ったら、緊急事態宣言発令中のため2月いっぱい中止とのことでした。

じゃあ、庭に望遠鏡をだして自宅で子どもと観測をしようと約束し、夕方くらいに月を子どもに見せました。

その後も、機材を庭に出しっぱなしにして子どもが寝てから再び観測開始です。シリウス、ミザール、アルクトゥルスでアライメントを行い、いつものベランダからは観測できない北東方面のおおぐま座、りょうけん座のあたりをのぞいてみました。

月が出ていたので、条件としてはあまりよくないと思うのですが、思った以上に楽しめて今後に期待が持てる結果でした。

f:id:hosiryman:20210222013302j:image

M51 子持ち銀河(8秒×40枚 gain300)

f:id:hosiryman:20210222004742j:plain

M3 球状星団 (8秒×19枚 gain300)

f:id:hosiryman:20210222004746j:plain

ボーデの銀河 左 M81 右 M82(8秒×4枚 gain300) 

→ なぜか4枚しかスタックできず。

f:id:hosiryman:20210222004751j:plain

NGC4565 Needle Galaxy (8秒×20枚 gain300)

1時間程度でこれだけ観望できれば満足です。

ただ、M72ふくろう星雲とM101回転花火銀河は、見つけることができませんでした。月のせいで写らなかったのか、そもそも導入できていなかったのか原因はわからないです。もう少しねばろうか迷いましたが、眠くなったので撤収です。

また頑張ります!

 

機材

鏡胴 borg77edii 

フィルター svbony cls フィルター

架台 az-gti

カメラ zwo asi385

ソフト ASILIVE(Mac版) と iPhoneMacの写真アプリ

 

borg77edⅱで春の銀河を復習(南側限定)

昔、野鳥や鉄道撮影に使っていたborg77ediiカメラセット、、、。望遠鏡としては、パーツが足りないので放置していたのですが、何気なくミニボーグ50のパーツを組み合わせてみると、、、。あれ、なんか望遠鏡として使えそうな気が、、、。ということで。

f:id:hosiryman:20210220093036j:image

野鳥用に貼ってあった迷彩テープを、剥がした後が、見苦しいですが、、、。対物レンズは綺麗でして、とってもシャープなんです。

なんか、三脚が心許ないですが、とりあえずGOです。

f:id:hosiryman:20210220104236j:image

ソンブレロ銀河

f:id:hosiryman:20210220114028j:image

マルカリアンの鎖(×0.5レデューサー使用)

f:id:hosiryman:20210220152632j:image

三つ子銀河(ノイズ処理なし)

焦点距離250mmのミニボーグ50と比べて、borg77ediiは、焦点距離510mmですので、やはり大きく写ります。

どれも5秒×10-15枚のライブスタック画像をiPhoneの写真アプリで簡単に加工したものです。

 

マルカリアンの鎖は、周辺の星が流れていますが、レデューサーを利用しているためだと思います。でも、電視観望なので細かいことあまり気にしないことにします。

 

ベランダからみることができる銀河は、現時点では、このくらいしか思いつかないのですが、庭先に遠征?して、また、夜の空を巡ってみたいと思います。

 

機材

鏡胴 borg77edii 

フィルター svbony cls フィルター

架台 az-gti

カメラ zwo asi385

ソフト ASILIVE(Mac版)

 

 

マルカリアンの鎖

三つ子銀河に引き続き、おとめ座付近、マルカリアンの鎖をのぞいてみました。

この時期、まだ遅い時間しかおとめ座付近が空にあがってこないのと、子どもは寝かしてからひっそり観望しています。

f:id:hosiryman:20210211064140j:plain

マルカリアンにの鎖の一部?(10秒) 30秒×8枚ライブスタック gain300

うーん。銀河らしきモノは見えるのですが、なにがなんだかさっぱりわからない(笑)

ということで最近発見したサイト Astrometry.net(有名なのかな?)で、画像を解析してみると、、、。

nova.astrometry.net

f:id:hosiryman:20210211132717j:plain

おお、M84(NGC4374)、M86(NGC4406)、NGC4388、NGC4402、NGC4403、、、、(以下略)たくさん写っているんだなあと感心。

この画像解析、2−3分で完了するので、電視観望中に解析して、私みたいな素人が、天体の導入に使えないかなあと思っています。

 

もっとたくさんの銀河が写るように、観望時の設定や画像処理を工夫したいのですが、なにぶんiphoneの写真アプリで画像編集している状況なので、先は長いですね!

 

機材

鏡胴 ミニボーグ50

フィルター サイトロン qbpフィルター

架台 az-gti

カメラ zwo asi385

ソフト ASILIVE(Mac版)

 

 

 

フィルターを変更して三つ子銀河を再び、、、

先日、観望した三つ子銀河ですが、当時はダークフレームの撮影を理解していなかったこと、どうもフイルターが星雲向けでなかったことかうっすらと言われてみれば見える程度でした。

今回、改めてフィルターを変更し、ダークフレームを撮影し、再チャレンジしてみました。

その結果がこちらですが、、、。

 

f:id:hosiryman:20210209000401j:plain

三つ子銀河

結果として、前回と比較したら飛躍的に改善していると思います。

f:id:hosiryman:20210209001418j:image

【参考】前回の三つ子銀河

 

個人的には、満足なのですが、、、。

実は、撮って出しの画像は、以下のとおり赤みがかっています。

 

f:id:hosiryman:20210209001715j:image

今回の撮って出し

 

なーんか赤いんですよね。まだまだ試行錯誤は、続きます、、、。

 

機材

鏡胴 ミニボーグ50

フィルター サイトロン qbpフィルター

架台 az-gti

カメラ zwo asi385

ソフト ASILIVE(Mac版)

 

 

 

 

 

レデューサーをつけても滲まなくなった?

レデューサー装着時の恒星のにじみを消すために師匠のすすめで、zwoのIR/UVカットフィルターを入手し、asi385に装着してみました。

f:id:hosiryman:20210207223849j:image

【参考】にじみにあるバラ星雲

 

また、ネットでよくasi385のセンサー面とレデューサー間の距離が長いため、ピントが合わないという記事を見たので、フイルターと一緒にzwoのアダプターも入手し装着してみました。

つまりこんな感じ。

 

f:id:hosiryman:20210207223202j:image

左から

1 asi385 本体 と センサー面の上にIR/UVカットフィルター

2 asi385の蓋とZWO Tマウント-1.25インチフィルターアダプタ

3 レデューサー

4 ナローバンドフィルター

左から順番に重ねて

f:id:hosiryman:20210207223505j:image

完成!

そして、とりあえずm42を撮影してみますと、、、

f:id:hosiryman:20210207223621j:image

構図は、適当すぎますがとりあえずにじみは出ていません。ただ、×0.9くらいな感じでレデューサーの効果はあんまりないですね。

 

その後、にじみの原因を特定するためにIR/UVカットフィルターを外してみると、にじみが復活!

少なくとも我が家の構成では、にじみの理由は、レデューサーとセンサー面の距離ではなかったようです。アクロマートであるミニボーグ50だからかな?

ということは、実は、レデューサーを利用していないときも滲んでいたのかなあとか新たな疑問が、、、。試行錯誤は続きます、、、。

 

今日は、ここで時間切れ。

IR/UVカットフィルターをつけた上で、レデューサーとセンサー面の距離を長くして、本来のレデューサーの性能である×0.5がでるかまた、実験してみます。

 

今日の機材

鏡胴 ミニボーグ50

レデューサー  笠井トレーディング 0.5倍 アイピースレデューサー

フィルター zwo dual band フィルター

架台 az-gti

カメラ zwo asi385 + zwo IR/UVカットフィルター

ソフト ASILIVE(Mac版)

 

 

レデューサーとバラ星雲

先日、バラ星雲を観望しましたが、焦点距離が長過ぎたので、amazon焦点距離が0.5倍になるアイピースレデューサーをポチり、asi385の先っぽに取り付けてみました。

すると、確かに焦点距離は、半分程度になったのですが、ピントを合わせると恒星の周りがにじんでしまいます。

また、周囲の恒星も若干流れています。

レデューサー自体は、評判がよいものなので、問題はないと思います。

カメラのセンサーからレデューサーの距離が長すぎるという情報が散見されますので、現在、新しい機材構成を検討中です、、、。

ちなみに子どもは、例によってそんなことはお構いなしで喜んでいるのでした。

 

f:id:hosiryman:20210206143459j:image

全体

 

f:id:hosiryman:20210206143910j:image

中心部拡大

 

f:id:hosiryman:20210206145412j:image

周辺部

 

f:id:hosiryman:20210206144741j:image

【参考】レデューサーなし

 

機材

鏡胴 ミニボーグ50

レデューサー  笠井トレーディング 0.5倍 アイピースレデューサー

フィルター zwo dual band フィルター

架台 az-gti

カメラ zwo asi385

ソフト ASILIVE(Mac版)

 

ソンブレロ銀河

今日は久しぶりに晴れたので、子供を寝かしてからベランダでm104ソンブレロ銀河の観望を計画。

 

シリウスとレグルスでaz-gtiのアライメントをとってから、m104を導入したものの全く見えません。(汗

 

ネットで、m104の写真をいろいろ探して、必ずそばに三つ星が写っていることを発見。

 

改めてMacBookの画面を見てみると同じような三つ星が写っているので、m104の場所の検討をつけて、ライブスタック(30秒)を開始。

すると銀河らしきものが写り出したので、洗濯物を干しながら7ー8分放置、、、。結果、、、。

 

f:id:hosiryman:20210126222346j:image

撮って出し、、、。右下の謎の影は一体、、、。

f:id:hosiryman:20210126222349j:image

すごくトリミング

構図もクソもありませんが、とりあえず写ったので満足🤭

系外銀河に良いと言われるsvbonyのclsフィルターに変えれば、もう少し写りが良くなるのだろうかと考えながら寝落ちしてしまう、、、。

 

機材

鏡胴 ミニボーグ50

フィルター zwo dual band フィルター

架台 az-gti

カメラ zwo asi385

ソフト ASILIVE(Mac版)